回転バレル研磨機
当社の回転バレル研磨機は、効率を高めるために数台の研磨層(バレル)をキャリヤー等で所定の位置へ搬送し、研磨完了後のバレル内のメディア・被研磨部品の輩出・選別・更に加工後の被研磨部品の洗浄・防錆、更にメディア及び部品の研磨層への投入等の附帯作業を容易に行う事ができ、研磨効率を著しく高めたプラント装置A.L.Pシリーズを開発しユーザー各位より多大なる好評を頂いております。

回転式研磨法とは・・・

回転式研磨法は、最も一般的なバレル研磨法で、又バレル研磨の基本であります。振動バレル、遠心バレル或いは、高速流動バレル等能率の良い研磨法もありますが回転バレル研磨法は作業にムラが無く、最も安定した精密な研磨が行えます。 さらに音も静かですが、夜間も運転を続けられる利点がある為、他のバレル研磨法に劣らない作業能力を発揮します。その上、機械の価格も安く、保守管理も極めて容易で維持費がかからずお得なバレルと申せます。


カテゴリー別 回転バレル研磨機
固定式
固定式
TK-100型 100L
TK-200型 200L
TK-400型 400L
TK-500型 500L
TK-500型 500L(トリプル)

可傾式
可傾式
TKR-65型  65L
TKR-120型 120L
TKR-200型 200L
TKR-300型 300L
TKR-600型 600L

その他の容量は、ご相談下さい。



回転バレル研磨機 最新製作実績

お問い合わせ
info@touhoukouki.co.jp
私たちの理念
バレル研磨機の東邦鋼機
ものの定義は時代と共に急激に変化し、お客様のニ-ズも幅広くなっています。
当社のDNAを更に進化させるために、従来のものつくりに留まらず、お客様のニ-ズに応じた形で提供できるように、『バレル研磨機の東邦鋼機』と言うビジョンのもとで、ものつくりにこだわり皆様に貢献できる企業であり続けます。
世界に通用する製品を支える存在になるためにも研究開発を今日も行います。