回転バレル研磨方法

回転バレル研磨法

回転バレル研磨法は従来のガラ研磨を改良発達させたもので、バレル研磨法の基本となります。

振動バレル研磨法や遠心バレル研磨法等にくらべ、作業時間は長くかかりますが、研磨にムラが無く、もっとも安定した研磨が行われます。

以前は、加工時間の短縮のみを追求し振動バレル研磨法や遠心バレル研磨法の関心が集まりがちでしたが、最近ではこの回転バレル研磨法が見直されてきております。

回転バレル研磨法はバレルの回転にあわせ、バレル内に滑り層が出来、この滑り層に於いて製品とバレルメディアがお互いに摩擦することによってバレル研磨がおこなわれます。

最も一般的な方法で、機械の構造は簡単で取り扱いが容易であり、尚、価格も安価な為、あらゆる工場、分野で使用されております。

 

 


お問い合わせ
info@touhoukouki.co.jp
私たちの理念
バレル研磨機の東邦鋼機
ものの定義は時代と共に急激に変化し、お客様のニ-ズも幅広くなっています。
当社のDNAを更に進化させるために、従来のものつくりに留まらず、お客様のニ-ズに応じた形で提供できるように、『バレル研磨機の東邦鋼機』と言うビジョンのもとで、ものつくりにこだわり皆様に貢献できる企業であり続けます。
世界に通用する製品を支える存在になるためにも研究開発を今日も行います。