バレルコンパウンドの選定方法について

御客様からバレルコンパウンドの選定方法がよくわからないと御相談を頂くことが御座います。

種類もたくさんありますので、簡単な選定方法を今回ご説明させていただきたいと思います。

 

 

 

1、適合材質とコンパウンドの適合材質があっているか確認してください。

  例として、材質が真鍮の物を、鉄系が得意なコンパウンドでバレル研磨をすると、製品によっては変色を起こしてしまったり、求めている光沢を得れない場合が御座います。

 

2、製品の形状に、合っているか確認してください。

 弊社コンパウンドには、液体コンパウンドと粉末コンパウンドが御座います。どちらも上記のように適合材質をラインナップさせていただいておりますが、製品に細かな穴が空いた形状の物や、遠心バレル機の短時間運転の場合は、粉末コンパウンドより液体コンパウンドをおすすめしております。

理由といたしまして、粉末の場合は水に溶けだすまでの時間がある為、溶け残りの物が細かな穴などに残留する可能性があります。遠心バレルの短時間運転の場合も同様の理由からとなります。

 

3、色見による選定

 こちらは実際にコンパウンドのテストしてからとなりますが、同じ光沢用コンパウンドでも色見が異なる為、白っぽく仕上げたかったり、素材のその物の光り方が良い場合など色々ある為、少量では御座いますがコンパウンドの無償サンプルも提供しております。

 

 

 

簡単では御座いますが、上記3点がコンパウンドの選定方法となります。

詳しい話などは、担当営業やメールでお問合せください。

 

CIMG4231

 

 

 


お問い合わせ
info@touhoukouki.co.jp
私たちの理念
バレル研磨機の東邦鋼機
ものの定義は時代と共に急激に変化し、お客様のニ-ズも幅広くなっています。
当社のDNAを更に進化させるために、従来のものつくりに留まらず、お客様のニ-ズに応じた形で提供できるように、『バレル研磨機の東邦鋼機』と言うビジョンのもとで、ものつくりにこだわり皆様に貢献できる企業であり続けます。
世界に通用する製品を支える存在になるためにも研究開発を今日も行います。